Aくん
第8期生
麻布中学校進学
世田谷区立小学校

その他の合格校:世田谷学園・市川(特待)・栄東(東大)

ぼくが中学受験を始めたのはまわりのみんなよりも遅かったため、ただひたすらに勉強をする日々がつづきました。とても大変で途中で投げ出したくなるときもありました。テストで自分の納得のいかない結果が出たときはつらかったけれど、自分の弱点が見つかったのでラッキー、と前向きに考えるようにしました。ぼくが合格できたのは、家族、先生、友だちの支えがあったからこそだと思います。合格できたという感謝の気持ちをいつまでも忘れずにいたいです。



Bくん
第7期生
武蔵中学校進学
大田区立小学校

その他の合格校:東京学芸大世田谷・攻玉社・市川

ぼくは4年生の秋から受験勉強を始めました。最初は社会ができませんでしたが、楽しい授業を受けてからめきめきと成績が上がりました。問題は算数。苦手意識はないのに全然得点できない日が続きました。6年の2学期に入ってからは先生がプリントをくださり、それをこなしていくうちに改善していきました。
そして、2月1日。算数は上手くいき、自信を持って社会・理科に臨みました。そして、母から「武蔵合格」と言われたときは飛び上がるほどうれしかったです。先生方の応援が励みになりました。スタジオキャンパスに行ってよかったと思います。



Cさん
第6期生
桜蔭中学校進学
品川区立小学校

その他の合格校:栄東・浦和明の星女子・豊島岡女子

私は小学校3年生の時にスタジオキャンパスに入りました。兄がスタジオキャンパスに通い第1志望校に合格したことがきっかけです。問題が解ける嬉しさを知り、塾に通うのが楽しくなりました。4年生の時に文化祭に行った桜蔭中学校を第1志望校に決めました。6年生の夏期講習会。私は塾のみんなががんばっている姿を見て、私は勉強がまだ足りないのではないかと不安に思うこともありました。しかし、もともと楽天的な性格のため何とかなると思っていましたが。1月31日のファイナルキャンパスでは先生方からの励ましのメッセージなどをもらい、やる気が出ました。桜蔭の入試は今までで一番集中したため、その夜は頭がさえてしまいほとんど眠ることができませんでした。そして、2月2日。家族から桜蔭合格の知らせを聞いた時は驚くとともに飛び上がるほど嬉しかったです。中学受験が終わってほっとしていますが、これが私のスタートラインです。中学での勉強は難しいと思いますが、あきらめずマイペースに進んでいきたいです。本当にありがとうございました。



Dさん
第6期生
女子学院中学校進学
世田谷区立小学校  

わたしは5年生からの2年間、スタジオキャンパスに通いました。塾では先生が難しい問題を分かりやすく、面白く説明してくれて、本当に勉強が楽しかったです。成績が落ちてつらかったときもありましたが、気にしすぎないで勉強を続けました。 2月1日はあまり緊張しないで、解いている問題を理解しよう、答えようとがんばりました。「JG合格したよ!」と言われたときはとてもうれしかったです。受験した学校すべて合格できたのは応援してくれた先生と家族、それから一緒に勉強した友達のおかげだと思います。いままで本当にありがとうございました。中学生になってもがんばります。



Eさん
第6期生
女子学院中学校進学
世田谷区立小学校

その他の合格校:栄東・浦和明の星女子・渋谷教育学園幕張・豊島岡女子学園

合格発表のときに、自分の番号が掲示されているのは嬉しいものだなと感じました。 女子学院の受付で受験票を出すと、受付の方が「おめでとうございます」と言って合格証をくださいました。思えばこれまで受験勉強をしてきたものの、辛いと思ったことはありませんでした。それは、スタジオキャンパスのクラスの雰囲気のよさ、楽しさのおかげだと思います。そして、塾の授業は楽しく、私は塾がとても好きでした。この2年間、いろいろありましたが、中学受験をしたのはよい選択だったと思います。ハッピーエンドになって良かったです。



Fくん
第6期生
慶應義塾中等部(2次)進学
私立小学校

その他の合格校: 栄東・芝・東京都市大学付属

ぼくが一番つらかったのは6年の秋からでした。模試で思うように結果が出なかったり、過去問の得点が伸びなかったりしました。でも、そんな時はスタジオキャンパスの先生方が支えてくれ、ぼくはそれに応えようと努力しました。入試ではあきらめないことが大切だと思いました。最後までがんばって勝ち取った合格はとても嬉しいです。中学生になってもこの中学受験でがんばったことを決して忘れずにいたいと思います。



Gさん
第7期生
慶應義塾湘南藤沢中等部進学
世田谷区立小学校

その他の合格校:東洋英和女学院

私は5年生の夏休み明けにスタジオキャンパスに入りました。最初は勉強が嫌いでした。めんどうくさいと感じていたからです。6年生になり、少しずつ算数が好きになっていきました。先生に勧められた問題集などを解いているうちになんだかとても楽しくなってきました。ここから算数が本当に好きになり、生活の中でも算数のことを考えるくらいになりました。また、算数の先生から言われた「敵在我」という言葉はわたしの心に火をつけました。中学受験は人生で一度切りなんだから、自分の弱い心に打ち克たなければならないと思いました。
私が第一志望校に合格できたのは先生方、母をはじめとした家族のおかげです。感謝の気持ちを忘れず、中学校生活を過ごします。ありがとうございました。



Hさん
第6期生
フェリス女学院中学校進学
世田谷区立小学校

その他の合格校:栄東・市川・大妻・東京農業大学第一

私が受験をはじめたきっかけは、スタジオキャンパスに通う兄が受験勉強に苦しんでいて、「どれだけ苦しいんだろう。それを知りたい!」という単純な理由です。私が楽しかったのは6Ζクラスの仲間たちと笑って授業を受けたことです。逆に一番つらかったのは6年の夏期講習会直後のクラス分けテストでクラスダウンしたことです。その時は先生方だけでなく、仲間たちに励ましてもらいとてもうれしかったです。それから今までにないくらい勉強し、クラスを戻すことができました。この受験で一番感謝したいのは両親です。お弁当を作ってくれた母、土日に私を塾まで送ってくれた父。そして、合格を自分のことのように喜んでくれた兄。普段伝えられない言葉をこの機会に…「ありがとう!」  そして、スタジオキャンパスのみなさんへ…「本当にありがとうございました! スタキャン大好きです!」



Iさん
第6期生
豊島岡女子学園中学校進学
私立小学校

その他の合格校: 栄東・栄東(東大)・浦和明の星女子・東邦大東邦・渋谷教育学園幕張・市川・?友学園女子

私がスタジオキャンパスに入ったのは4年生の9月からです。その時はまだ志望校を意識していなかったので、宿題しかやっていませんでした。そして、5年生になるとクラスアップしてきた人が多く、そのような人に負けないように頑張りました。6年生になるとほかの人にカリキュラムテストで1位を奪われてしまうことがあっても、志望校の過去問を繰り返し解くことに集中しました。私がこの2年半の中で一番苦しかったのは入試直前の1週間でした。この1週間、志望校の過去問を何回もくり返して解き、分からないところは先生に聞き、弱点を克服していきました。また、先生に志望校対策プリントを作っていただいたことで志望校に合格することができました。最後に、先生方、今までありがとうございました。



Jくん
第7期生
桐朋中学校進学
世田谷区立小学校

その他の合格校:佼成学園・城北埼玉

ぼくは6年生になってからスタジオキャンパスに入りました。スタジオキャンパスでは先生たちがわからないことをていねいに教えてくれ、また授業が楽しいので成績は徐々に上がっていきました。夏期講習会は大変でしたが、夜の買い出しはとても楽しみでした。
入試前日、ぼくは少し不安でした。しかし、ファイナルキャンパスで先生方が一人ずつ声をかけてくれてとても落ち着きました。特に「入試会場はアウェーじゃない。ホームだ!」ということばは心に残りました。  そして、第一志望校の入試本番。ぼくはリラックスして自分の力を出せました。中学校では念願の水球部に入り、将来の夢実現のためにがんばります。
スタジオキャンパスの先生方、本当にありがとうございました



Kさん
第8期生
渋谷教育学園渋谷中学校進学
大田区立小学校

その他の合格校:洗足学園・広尾学園・東邦大東邦・栄東(東大)

わたしは最初別の塾に通っていました。そのときは塾で勉強することがとても嫌でした。でも、スタジオキャンパスに来てからは塾が楽しくなりました。どんなときにもわたしを支えてくれたのは家族と塾の先生でした。困ったときには相談にのってくれたり、悩みごともしっかり聞いてくれたりしました。わたしはいま改めて中学受験をしてよかったと感じています。スタジオキャンパスで学んだ精神的な強さをもとに、将来の夢へ向かってがんばっていきたいです。ありがとうございました。



Lくん
第7期生
渋谷教育学園渋谷中学校進学
世田谷区立小学校

その他の合格校:広尾学園・東京都市大等々力・桐蔭中等教育・市川・栄東

ぼくの中学受験は楽しいこと、つらいこと、いろいろありました。3年生の終わりごろにアメリカから帰国したぼくは4年生の夏からスタジオキャンパスに通うようになりました。最初勉強面は順調でしたが、5年生のときに負のスパイラルにはまってしまい、成績が急激に下がりました。しかし、先生方は厳しいことばをぼくにかけつつも見守ってくれました。入試の直前には高成績を収めることができ、先生たちにほめてもらえました。一番心に残っているのは「敵在我」という先生のことばでした。本当の敵は周囲にはなく、己の弱い心にあるのです。自分の弱い部分に少しでも打ち克つことで合格できたと思います。今までありがとうございました。



Mくん
第8期生
浅野中学校進学
川崎市立小学校

その他の合格校:世田谷学園・立教新座・東邦大東邦・栄東(東大)

ぼくは3年生からスタジオキャンパスに通いました。6年生の途中、模擬試験で悪い結果が出て、ぼくは悔しくて泣きました。そして、受験はとても大変であるということと、自分の勉強の甘さに気づきました。それからは、ぼくは塾の授業がない日でも自習をしに行こうと心に誓いました。すると次の模擬試験では良い結果が出せました。中学受験をして自分は幸せだと感じています。お母さんは3年間おいしいお弁当をつくってくれました。お父さんはいろいろな相談にのってくれました。塾では先生が優しく面白く、ときには厳しく授業をしてくれ、事務の方々は優しく対応してくれました。みんなに感謝したいと思います。



Nくん
第7期生
浅野中学校進学
世田谷区立小学校

その他の合格校:芝・東京都市大付属・市川・栄東

ぼくがスタジオキャンパスに入塾したのは4年生の6月でした。その次のカリキュラムテストテストで最上位クラスになりました。しかし、6年生の最初のテストでクラスダウン。「次はなんとかなるだろう」と甘くみてあまり勉強しませんでした。次のテストでもクラスは上がれませんでした。先生に厳しいことばをかけられ、なんとか勉強に力を入れ、最上位クラスに上がった夏期講習会以降はあっという間でした。そして、入試は最高の状態で迎えられたと思います。2月2日の夜、自習から帰ろうとするぼくを先生方は引き留め、その場にいる先生方全員で握手をしてくださいました。それまでの緊張がほぐれ、リラックスして入試に臨めました。2月4日、先生方に第一志望校合格の報告ができたときは本当に嬉しかったです。



Oくん
第6期生
浅野中学校進学
川崎市立小学校

その他の合格校:栄東・東邦大東邦・世田谷学園・攻玉社

ぼくはスタジオキャンパスで勉強できてよかったです。特に苦手科目の国語については多くの先生方にやさしく、ときには厳しく指導をしてくれたおかげで克服することができました。入試では先生方が応援に来てくれてはげましてくださったので、リラックスして楽しみながら試験を受けることができました。結果、受験した学校はすべて合格できました。これからは将来の夢に向かってがんばっていきます。中学受験で支えてくれた人たちに感謝します。



Pくん
第8期生
芝中学校進学
世田谷区立小学校

その他の合格校:浅野・攻玉社・東京都市大付属・市川・栄東

2月4日の芝の入試が終わったときには、あとは結果を待つだけだと思い、気持ちがすっきりしていました。ぼくはスタジオキャンパスに入って良かったと思いました。授業中の先生の話がおもしろかったからです。授業のない日にも自習室に行って分からないこともすぐに質問をして理解することができました。そのため、勉強がスムーズに進みました。ぼくの将来の夢はサッカー選手になることです。受験を通して学んだあきらめないという気持ちを忘れずに、これからがんばっていきます。



Qさん
第7期生
?友学園女子中学校進学
世田谷区立小学校

その他の合格校:普連土学園・市川・淑徳与野

いま、受験が終わって一番思うことは、「人生で一番たくさん応援されていたなあ」ということです。スタジオキャンパスの先生方、家族、友達、クラスメイト…たくさんの人たちからの応援がとてもうれしくて、2日目に合格がわかったときは号泣してしまいました。この合格は自分だけのものではないと思います。たくさんの人のおかげでいまこの文章を書く自分がいます。本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。最後に、私はスタジオキャンパスの塾生で良かったと思ています。



Rさん
第7期生
青山学院中等部進学
目黒区立小学校

その他の合格校:東洋英和女学院・栄東

私がスタジオキャンパスに入塾したのは4年生の冬期講習会からです。入塾当時は3クラス中3番手クラスからのスタートでした。しかし、最終的にはΖクラスまで上がることができました。これは先生方の熱心なご指導と家族の支えがあったからではないかと思います。思い出が多いのはやはり6年生のとき。夏期講習会で算数のテストの全員満点を目指し、クラス全体が一致団結したこと。覚える量がとても多く大変だった社会…。そして、第1志望校の合格発表。自分の受験番号を見つけたときは思わず目を疑ってしまいました。中学校生活が始まったら、一生懸命勉強を続けていきたいです。



Sくん
第8期生
立教新座中学校進学
大田区立小学校

その他の合格校:青山学院・成城学園・栄東・佐久長聖

ぼくは3年生の最初からスタジオキャンパスに通い始めました。はじめは勉強がきらいでしかたありませんでした。長時間座るのも苦手でした。しかし、先生の楽しい授業に釘付けになっているうちに自然に勉強するようになっていきました。6年生の夏期講習会、ぼくは人生で一番勉強しました。あれもやりたいこれもやりたいと欲張りましたが、夏期講習会が終わるとあっという間に入試直前になっていました。合格が厳しいと思っていた学校にしっかり合格できました。ありがとうございました。



Tさん
第7期生
横浜雙葉中学校進学
世田谷区立小学校

その他の合格校:大妻・市川・栄東

スタジオキャンパスには3年の2月から入りました。このころは宿題が一問でも解けないと泣きわめいていました。しかし、勉強を積み重ねていくうちにぐんぐん成績が伸びていきました。しかし、5年生から6年生の前半にかけて、思うように成績が伸びず苦しみましたが、その困難も夏には乗り越えることができました。
迎えた入試本番。事務のお姉さんが応援に来てくださり、「目の前の問題に集中して、全力を出し切ってね!」と言ってくださったので、やる気が出ました。そして、第一志望校の合格発表。おそるおそる合格発表のボードを見てみたら自分の番号が目に飛び込んできて、嬉しすぎて涙を流しました。自分の努力やそれを支えてくれた先生方や家族の気持ちが実を結び、最高の結果に導いてくれました。
私が中学校に入ったら、受験で得たことを糧にして部活や勉強に励みます。そして、つらいときには先生方のことを思い出します。



Uさん
第8期生
頌栄女子学院中学校進学
大田区立小学校

その他の合格校:横浜雙葉(帰国)

いまふり返ってみると、私は学校より塾のほうが好きでした。ここまで来ることができたのは家族や友だちの応援のおかげです。わたしは長く外国に住んでいたので、英語と日本語が頭の中で混ざってしまうどころか、英語でいったん考えて日本語に訳してから声に出さなければならないことも多く、つらかったです。だけど、頌栄女子学院と横浜雙葉に受かることができました。くじけずに努力をしたかいがあったと思いました。入試会場では緊張していましたが、いつもはげましてくれた人たちのことを考えると、私は「できる」という気になりました。



Vさん
第8期生
東洋英和女学院中学部進学
世田谷区立小学校

その他の合格校:山脇学園・栄東

私は3年生から受験勉強を始めました。最初は自分から勉強をあまりやらず、泣きながらやることもありました。何でこんなに自分はできないんだろうと思うことが何度もありました。そんなとき、塾をスタジオキャンパスに変えました。授業が楽しく分かりやすくて、今までより自分から勉強するようになりました。クラスも途中で上がれました。そして、入試。2月2日・3日の第1志望校が不合格ですごくショックでした。4日・5日の入試に向けて塾で勉強をしていたとき、母から第1志望校に繰り上がり合格の連絡がきました。そのとき、先生方に祝福してもらい、最高にうれしい合格発表になりました。



Wさん
第6期生
東洋英和女学院中学部進学
世田谷区立小学校

その他の合格校:大宮開成・八雲学園

私は4年生の終わり頃からスタジオキャンパスに入り、約2年間受験勉強をがんばってきました。つらくてやめたいときもありましたが、先生たちのおもしろくて楽しい授業を受けると、つらい思いもすぐ忘れてしまいました。いつのころからか塾に通う毎日がとても楽しくなっていました。楽しかった授業、お弁当の時間、講習会の買い出し、塾の行き帰りの時間、入試直前にクラスのみんなで絵馬をかいたこと、先生方がお守りや手紙をくれたこと…スタジオキャンパスで良かったなと思います。2年間、長かったのか短かったのかよく分かりませんが、この2年間はやっぱりとても楽しかったです。



Xさん
第7期生
東洋英和女学院中学部進学
世田谷区立小学校

その他の合格校:八雲学園・専修大松戸・東海大浦安・大宮開成

私がスタジオキャンパスに入塾したのは3年生の冬でした。入塾してからは毎日が楽しく、成績もどんどん伸びていきました。しかし、入試直前期。私は志望校合格の自信がなくなって苦しい思いをしました。そのときに先生に呼び出され「ちゃんとできているんだから、もっと自信を持て」と言われ、それから前向きな気持ちになれました。
第一志望校の入試当日。わたしは試験の合間の休み時間、先生方にもらった下敷きを見ながら、先生のことばを思い出しなずら「がんばらないと」と気合を入れました。そわそわしながら発表を待ちました。父に「受かっている!」と言われ、嬉しさがこみ上げてきました。振り返れば、受験した学校はすべて合格できました。このような結果に自分自身とても驚いています。私を支えてくれた先生方、本当にありがとうございました! スタジオキャンパスに通ってよかったです。



Yさん
第6期生
東洋英和女学院中学部進学
目黒区立小学校 その他の合格校:大宮開成・八雲学園

私は4年生からスタジオキャンパスに入塾しました。4・5年生のときは自分のための勉強という考えができず、何か面倒くさいものと思っていました。しかし、6年生の夏期講習会のころ、受験は甘くはないと気づき、毎日一生懸命勉強をしました。試験当日、門の前には先生が立っていてくれていて、温かい手で握手をしてくださいました。私は勇気づけられ、試験に真剣に取り組むことができました。そして合格。いまどんなに辛いことや大変なことが起きても、この3年間のことを思えばどんなことでも乗り越えられるように思っています。



Zくん
第6期生
攻玉社中学校進学
目黒区立小学校 その他の合格校:大宮開成・専修大学松戸・東京都市大学付属

ぼくは小学校4年生からスタジオキャンパスに入りました。最初は分からないことだらけでとまどいましたが、段々と塾のペースに慣れてきました。6年生の夏期講習会では、それまで得意にしていた算数ができなくなりました。しかし、先生たちが丁寧に、時にはFAXを使って教えてくれ少しずつ調子が上向いてきました。先生からは「先生は後ろから支えるだけで、受験の主人公は自分しかいない」と言っていました。受験当日はこの言葉が何よりも心強い支えとなりました。そして熱望していた第1志望校に合格できました。先生方、ありがとうございました。



▲ページTOPへ